東京都の心理カウンセリング 【くれたけ心理相談室 西東京支部】 野崎 大輔公式サイト

野崎 大輔 プロフィール

心理カウンセラー 野崎 大輔(のざきだいすけ)のご紹介

野崎大輔カウンセラー(東京)

 

 

野崎大輔(DAISUKE NOZAKI)

 

【資格】
産業カウンセラー(JAICO認定)
国家資格キャリアコンサルタント(登録番号:16192829)

【好きなこと】
旅行、野球、アメフト観戦、
文房具好き、B級グルメ

 

 

 

略歴

1974年、埼玉生まれ。転勤族の家庭で育ちました。
(埼玉→北海道→大阪→金沢→四日市→島根→東京)
大学卒業後、新卒で大手旅行代理店に勤務。その後、転職し、現在は上場企業の教育関連の人事部に所属。採用、異動、制度企画等の人事業務の傍ら、現在も社内の相談業務に追われる日々を過ごして現在11年目を迎えました。

自分が知っている私

皆様は「転校生」を迎えたことがありますか?
私は、幼少の頃から父親の転勤で様々な地域で過ごし、「転校生」としての日々を送りました。父親の転勤が決まるとそれがごく当たり前のように、日々仲良く過ごした友達との別れがきました。それは、新しい人間関係を築かなければいけないというプレッシャーとの闘いでもありました。「転校生」として初日に行く学校は緊張の連続で、どんな学校なのか、どんな人がいるのか何もわからない状態で心が不安定なまま、緊張と不安の入り混じった気持ち…。

ただ、ネガティブな要素ばかりではなく、新しい場所では自分の気持ちを切り替えることができ、その中で人間関係を築きあげ、集団の中で溶け込める協調性、場の雰囲気を瞬時に読む力が若いときに培われ、それが私の礎となっています。

人生に失敗はなし、フィードバックを頂くことあるのみ

「全てをあるがままに受け入れる」

産業カウンセラーを学んでいた時に先生から頂いた言葉です。
仕事での失敗や家庭や恋愛で上手くいかない時など、人生には失敗や後悔はつきものです。
現状に不満をもつと、「あの時にこうすれば良かった」や「選択をあやまった」などと過去を悔やんでしまいがちです。ただ、過去を振り返っている今がそう感じるだけで、その時の自分は一番いい選択をしていたと思っています。今が不満に感じたとしても、時が過ぎると「やはりこれで良かったんだ」と思える時がくるかも知れません。

野崎大輔カウンセラー

今をどう感じ、まさにこの瞬間を大切に生きることが重要だと思います。
そして、人は失敗や後悔から学びます。皆さんも仕事でミスをして上司に怒られた経験、恋愛でも自分の痛い経験があってこそ、相手とのより深い関係を築けるようになった経験はあると思います。成功させようと思って一生懸命やった結果の失敗があるからこそ成長ができて、次のステップに進むことができます。例え結果が残らなくても自分の中で「経験」として残ることが自分を強くさせます。

 

未来への架け橋を担うカウンセラーとして

私は会社員生活の経験を活かし、カウンセラーとして今ここでの感情を大切にし、皆様と真摯に向き合い、サポートさせていただければ幸いです。どのようなお悩みでもご相談ください。

・キャリアカウンセリング
・サラリーマンのメンタルヘルス
・人間関係の悩み(家族・夫婦・友人等)
・自分の悩み
・恋愛相談
・その他

ご予約カレンダー(24h)又はフリーダイヤルから TEL 0120-03-5905 くれたけ総合受付センター 9:00~21:00(土・日・祝日も対応)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい。

PAGETOP